試作・小ロット 表面改質技術を追求する溶射テクニカルサポーター 溶射から塗装、めっきまでのトータル対応

投稿者のアーカイブ

耐衝撃性を付加する溶射は?

2016年9月30日 金曜日

 

アブレイダブル溶射をすることによって、耐衝撃性等を付加することができます。

 

溶射とは?

2014年4月7日 月曜日

溶射は、金属やセラミックスなどの材料を、さまざまな熱源を用い溶融し、基材表面に吹き付けて、皮膜を作る表面加工技術です。

溶射は、溶射材料を溶融し基材に吹き付けるので、熱源が必要になります。溶射材料を溶融して皮膜を形成する方法は、JIS H 8200(溶射用語)で下記に示すように分類されています。

防食や耐熱、あらゆる摩耗に、寸法復元に、また基材に電気特性をもたせるなど、溶射技術は目的に合わせてさまざまな所で利用されています。

(日本溶射工業会 より)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<溶射方法>

<溶射皮膜の用途・目的>

 

<溶射材料>

◆金属合金溶射材料
 ・亜鉛系
 ・アルミニウム系
 ・亜鉛-アルミニウム系
 ・炭素鋼系
 ・ニッケルクロム系
 ・ニッケル系
 ・ステンレス系
 ・銅・銅合金系
 ・モリブデン系
 ・タングステン系
 ・コバルト系
 ・鉛・鉛合金系
 ・チタン系
 ・スズ系
 ・モネル系

◆自溶合金溶射材料
 ・NI基
 ・Co基
 ・NI基+WC

◆セラミック系溶射材料
 ・アルミナ系
 ・ジルコニア系
 ・チタン系
 ・酸化クロム系
 ・イットリア(Y2O3)

◆サーメット溶射材料
 ・タングステン系
 ・クロム-カーバーイト系
 
◆樹脂・プラスチック系溶射材料
・ナイロン系

お問い合わせはお気軽に!溶射.comを、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。溶射、ショットブラスト等のことなら「溶射.com」にお任せ下さい!